ケンコーコムが「4つ星」の納得価格~!大王製紙ペーパーをプレゼントするならココ♪キッチン

。ですが聞くところによると、この商品だけでなく、キッチンペーパー自体の繊維がやや特殊で互いに深く絡み合うことで強度をUPさせているため、シュレッダーで裁断すると、逆にシュレッダーの刃の寿命を縮めることになるのだとか。無漂白で香料とは無縁なのが4年以上もリピートの決め手です。

イマが買い時♪

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

キッチン ケンコーコム 大王製紙 ペーパーエリエール 超吸収キッチンタオル 無漂白 2R入[ケンコーコム 大王製紙 エリエール キッチンペーパー]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

今後はこのようなことがないように充分注意していただきたいと思います。商品は漂白剤を使っていませんので!安心して利用できます。盲点でした。お値段が少しくらい割高でも、これからはこちらを使おうと思います。高いのか安いのかはよく分かりませんけど未ざらしがあるとは知りませんでした。食品関係に使いたかったのに。漂白してある白いキッチンペーパーに比べたら割高ですが、安全性を考えるとやはり無漂白のものがいいと思います。と!同時にキッチンペーパーまで漂白されていたことに驚きました。「無漂白」に惹かれて購入しましたが、家族のものには不評でした・・。白い方より若干ですが、柔らかく感じました。商品はいいのだけれど洗剤かトイレットペーパーの香り付きの近くに長期保管してたらしく凄い香り!レンジでも使えるとのことですがとてもじゃないけれど食品には使えません。ショップレビューにも書きましたが、今回は開梱した時点でなぜか強い香水臭が漂っていました。無漂白のものがあるなんて知りませんでした。注文分全て匂い付きでした;他の方のレビューにもありましたが、ものすごい臭い移りで最悪でした。口に触れるものとはいってもそこまで神経質に無漂白を選ぶ必要はあるのか分かりませんが!気が向けば又かうつもりです。今は専用のハサミを用意し!細かくしていますが!もしも我が家同様!ペットの巣材に使いたいのでしたらシュレッダーは使わず!ハサミか手で千切って細かくした方がいいです。「 」無漂白という言葉に惹かれて購入しましたがこれと言って普段、使っている製品と変わりませんでした。こだわりがないので白い方でいっかなという感じです。使用感は漂白してある白いキッチンペーパーと同じで、全く問題ありませんでした。以前はシュレッダーで細かく裁断していましたが、刃がへたってすぐに切れなくなる。それで!問題だったのが!この無漂白キッチンペーパーにも外側から2cmくらいの範囲まで香水臭が染み付いてしまっており!わざわざ食品に使うため!特に今回は正月の準備に使用するために購入したはずがかなりの量を食品に使えず無駄にしてしまいました。黄ばんだ色なので数年前の物を使用している感が有る様で気分的に凹むようです・・。ただ、使用感など、特に差は感じませんでした。調理に使う他、我が家では小動物の巣材にも使っています。これは!ドラッグストアに有りがちな!商品からほのかに香る芳香とは異なり明らかに香水臭でした。使い心地も漂白してある白いキッチンペーパーと変わりなく!吸水性もいいし全く問題ありませんでした。。。これでないとだめという事はないですが。エリエールのキッチンタオルは厚手で使いやすく油を吸うだけでなくキッチンの汚れなどにも使っています。柔軟剤かなにかの臭いなのかな??なんとか取れないかと活性炭と一緒にしばらく置いて!時間とともに少しマシにはなりましたがしっかり奥まで臭いが染みついているようで……漂白していないのがいいなと思って毎回購入していたのですがこんな地雷があるとは……次回購入どうするか悩みます。。いつもの白いペーパーとなんら変わらぬ!良い使い心地でした。漂白する過程が省かれているのに、漂白した製品よりお値段が張るのはなぜなんでしょう。こういうのを買う人って、臭いにもうるさい人が多いはずですし、管理方法を是非とも改善していただきたいです。元々価格も高価なものではなかったので年末という多忙な時期や送料云々等を考えると交換というかたちも躊躇ってしまい!結果的に損をした気分です。一時期税抜きで180円したこともありますが!3/31注文時点では148円でした。匂いが移ってしまいます。早く一般に広く流通させて値段が下がってほしいものです。リピートは無く次回は白色に戻ります。もちろん使用上何の問題もありません。見た目の色なんかよりも、安全性のほうがずっと大事です。無漂白のものがあるなんて知りませんでした。